ビルの模型

ビーバーハウスで夢のマイホームを買おう|サポート万全

利便性の高い住宅地

インテリア

若年層に人気が高い

中野区は、駅周辺の商業地を除くと区域の大半が住宅地となっています。中でも第1種低層住居専用地域が多いため、戸建住居や低層のアパートやマンションが数多く存在していて、閑静な住宅街の多い地域という特徴があります。また、中野区は都心部へのアクセスと共に、多くの大学がキャンパスを構える多摩地域へのアクセスも良好です。一方で不動産事情の特徴の一つとして、木造アパートを中心に都心からのアクセスや距離の短さの割には割安な家賃で借りられる賃貸物件が数多く存在しているという点が挙げられます。このような事情から、中野区には学生や若年層の社会人を中心に居住地としての人気が高いという傾向があり、その結果として20〜30代の1人暮らしの居住者の割合が高く、人口の流動性が高いという特徴があります。

一戸建て住宅や道路の特徴

中野区の不動産事情の特徴として、賃貸物件が多い点の他に、古くからの一戸建ての民家が多いことと、建蔽率の高い土地が多いこと、そして狭い道路が多いことが挙げられます。この3点は密接に関係していて、古くから存在している比較的広い面積の土地を有する一戸建て住宅が多いために道路拡張がなかなか進まず、緊急車両の進入が困難な狭隘道路が多く残っています。一方で中野区は地価が高く、建蔽率の値も大きいという不動産事情もあるため、古くからの一戸建て住宅を売却する際にはセットバックによって道路幅を拡張すると共に、分筆をするケースが多くなっています。これら地域事情は自分で調べるのが大変なため、不動産会社に聞いてみることをおすすめします。不動産会社では、利用者が希望する物件を伝えると、その条件に近い物件を中野区内で紹介してくれます。そのため、彼らに相談するとより効率的に物件を探すことができるでしょう。もし気に入った物件があれば、内見を申し込むことが大切です。内見することによって、より具体的に物件のことを知ることができます。